個人のクリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法

Pocket

デザイナーの仕事にも様々なものがありますが、必ずしもリアルでの仕事とは限りません。現在はインターネット上で多くのサービスが公開され、それらを利用することで営業活動に奔走することなく収入をふやすこともできるようになってきました。

クリエイターの利点は自分でコンテンツを作ることができるということです。あとはそれをいろんなサービスを利用して売っていくだけなんですよね。中にはクライアントを持たずに、自分で作ったモノを直接ユーザーに届けることで生活できている人もいるのではないでしょうか。

ここではフリーランスのデザイナーやクリエイターがネット上で収入を得る方法を紹介したいと思います。

ランサー系

ランサー系ではフリーランスの方や、仕事の合間(?)などの空いた時間を使って仕事ができるサービスです。仕事の内容はロゴデザインやポスターの作成、webデザインなどがありますね。価格もwebデザインで10万円〜が多く、掛け持ちでやれば十分な収入になると思います。

また、自分にできない分野の人材(プログラマーとか)を募集しwebアプリを作る、なんていう活用方法もあります。以下に有名なクラウドソーシング系サービスを紹介します。

ランサーズ
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法01
クラウドワークス
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法02
@soho
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法03
job-hab
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法04

ドロップシッピング系

ドロップシッピング系では、自分でデザインしたものをECサイトに置いてもらって収入を得ることができます。スマートフォンのケースやTシャツ、バッグ、マグカップなどが多いですね。自分でデザインしたTシャツを着るのも面白いですよ。

ユニクロカスタマイズ
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法05
アップソールド
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法06
collaborn
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法07
アパレルデザイン
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法08
デザインガーデン
クリエイター・デザイナーがネットで収入を増やす方法09

まとめ

ここで紹介したサイト以外にもたくさんあると思いますが、こういったネット上のサービスを使って自分の作ったものを売っていけるというシステムは素晴らしいですね。

クリスアンダーソン氏の「MAKERS」というベストセラーになった書籍でも触れられていますが、自分でもモノを作り出せるということは、それだけで無限の富を生み出せる可能性を秘めているのです。

今はまだ売り方がわからない人が多いため、作っても売れないのが現状かもしれません。しかし今後ここで紹介したようなサービスがどんどん一般化してくれば、今よりさらに多くの人がクリエーターとして収入を増やすことができるのではないでしょうか。