EC-CUBE3.0 をローカル環境にインストールする方法

Pocket

先日EC-CUBE3.0.10が公開されました。不具合の修正や機能の追加なども進み、そろそろ使ってみようという方も多いんじゃないでしょうか。

EC-CUBE3.0は2.13に比べて大きく変わっていますが、CSSフレームワークの導入やTwigテンプレートの分かりやすさもあって、以前よりカスタマイズしやすい印象です。

レンタルサーバーの簡単インストール機能でもEC-CUBEをインストールできるようになっているので、特につまずくこともないと思いますが、ここではローカル環境へのインストールをやってみます。

EC-CUBE3.0をローカル環境にインストール

今回はMAMPを使ってローカル環境にEC-CUBE3.0をインストールしてみます。使用したEC-CUBEのバージョンは3.0.10です。

まずはじめにブラウザからecube/html/にアクセスし、インストール画面を開きます。
EC-CUBE3.0のインストール画面

画面に指示に従い必要な情報を入力していきます。
EC-CUBE3.0のサイト情報入力

データベースの設定ではMAMPを使用するため以下のようように入力します。

  • データベースの種類: MySQL
  • ホスト名: localhost
  • ポート番号: 空欄
  • データベース名: db_name(phpMyAdminで作成したデータベース名)
  • ユーザ名: root
  • パスワード: root

EC-CUBE3.0のデータベース設定

次の画面でデータベースの初期化をするか聞かれるので、初期化する場合はチェックを外して次へ。
EC-CUBE3.0のデータベース設定

問題なければインストール完了です。
EC-CUBE3.0のインストール完了

インストール完了後はhtml/install.phpを削除しておきます。
EC-CUBE3.0のインストール終了

これでEC-CUBE3.0のインストールは完了です。デフォルトテンプレートが以前に比べてカスタマイズしやすくなっているので、初心者でもすぐにオリジナルサイトが作れそうな感じ。

次回はテンプレートのカスタマイズをやってみます。