EC-CUBE3.0をさくらレンタルサーバーにインストールする方法

Pocket

eccube3

EC-CUBE3.0をさくらのレンタルサーバーにインストールしてみました。

2.xの頃よりカスタマイズしやすく便利になったEC-CUBE3.0。レンタルサーバーのクイックインストール機能でも3.0が採用されているため、簡単に使えるようになってます。

ただ、CMSに必須のデータベースの設定やインストール作業など、初心者の方には難しい部分もあるため、ここでできるだけわかりやすく解説してみたいと思います。

さくらサーバーにEC-CUBE3.0をインストールする方法

さくらサーバーにデータベースを作成

まずはデータベースの作成から。さくらサーバーの管理画面メニューからデータベースの設定を選択。データベース名には適当な文字を入力、文字コードはUTF-8を選択します。
eccube3-sakura-install-501-01

さくらサーバーにEC-CUBE3.0をクイックインストール

次にCMSのクイックインストールを行います。インストール先と、先ほど作成したデータベース情報を入力してインストール実行。
eccube3-sakura-install-501-02

インストール画面でエラーが発生する場合、PHP設定を変更

そのままだとインストール画面が表示されないためPHP設定の変更が必要でした。

インストール画面を表示させるには、管理画面左メニューのPHP設定の編集クリックし、表示されたページのフォームに以下のコード記入します。

cgi.fix_pathinfo = 1

eccube3-sakura-install-501-03

EC-CUBE3.0のインストール

ここからはローカルへのインストールと同じ方法でOK。

http://サイトURL/インストールフォルダ名/html/

にアクセスし、ブラウザでインストール画面を表示します。

最初はショップ情報を入力。
eccube3-sakura-install-501-04

ログインIDやパスワードは管理画面にログインするために必要なので忘れないようにしておきましょう。管理画面のディレクトリ名は管理画面へのアクセスに必要です。

EC-CUBEの管理画面へのアクセスするためのURLは以下のようになります。

http://sample-site.com/html/管理画面ディレクトリ名/

次はデータベース情報入力。各入力項目はこんな感じ。

  • データベースの種類:さくらのレンタルサーバーはMySQLを選択
  • データベースのホスト名:データベース サーバー の欄に記載されているアドレスを入力
  • ポート番号:空欄
  • データベース名:作成したデータベース名を入力
  • ユーザー名:データベース ユーザ名 の欄に記載されているテキストを入力
  • パスワード:接続パスワードを入力

入力するホスト名などはさくらサーバーの管理画面メニューにあるデータベースの設定からチェックできます。

それぞれの項目の意味はこちらを参照
eccube3-sakura-install-501-05

入力できたら次へ進むボタンを押して、データベースの初期化作業を実行。

途中エラー文字が表示されましたがそのまま放置すると一応インストールできました。
eccube3-sakura-install-501-06

最後にhtml/install.phpを削除して作業完了。管理画面のURLにアクセスすることでショップの設定などができるようになります。

http://ショップURL/html/管理画面ディレクトリ名/

EC-CUBE3.0インストールの後は?

EC-CUBE3.0をインストールした後、管理画面の使い方やショップの設定についてはこちらの書籍が参考になります。テンプレートのカスタマイズ方法についても書かれているため、これから始める初心者の方は絶対持っておきたい一冊。