モバイルアプリ制作のためのフレームワークまとめ 10+

Pocket

フレームワークにはモバイルデバイスに最適化されたボタンやフォームパーツなど、様々なコンポーネントが用意されています。これらのコンポーネントを使うことでモバイルアプリ制作を非常に効率良く行うことができるようになっています。

また、多くはHTMLとCSS、Jacvascriptで作られているため導入コストも低く簡単に使うことができます。このページではモバイルアプリ制作向けのフレームワークをまとめてみました。

モバイルアプリ制作のためのフレームワークまとめ

IONIC
mobile-app-framework-329-1

Mobile Angular UI
mobile-app-framework-329-2

Appcelerator Titanium
mobile-app-framework-329-3

Sencha Touch
mobile-app-framework-329-4

Kendo UI
mobile-app-framework-329-5

PhoneGap
mobile-app-framework-329-6

Jo
mobile-app-framework-329-7

Enyo
mobile-app-framework-329-8

Intel’s App Framework
mobile-app-framework-329-9

Ratchet
mobile-app-framework-329-10

lungo
mobile-app-framework-329-11

AppGyver
mobile-app-framework-329-12

おまけ

ここで紹介したフレームワークは基本的に英語ドキュメントしかなく、英語が苦手な方には少し敷居が高いのがデメリット。せっかくアプリを作ってみたいと思っても、作り方が分からないと意味がありません。

初心者の方はまず、こちらのような本から初めて見ることをおすすめします。必要な情報が1冊にまとめられているため非常に理解しやすいです。