PressBuilder サイトマップページの作り方

Pocket

pressbuilder-520-01

PressBuilderはドラッグ&ドロップの簡単な操作でサクッとWebサイトを作れるWordpress向けレスポンシブテンプレートです。

簡単にページを作れるページビルダー機能を使ってサイトマップページを作成してみます。通常であれば、新規に作った固定ページにHTMLで書き込んだり、WordpressテンプレートにPHPやWordpressタグで作成しますが、PressBuilderなら固定ページの投稿画面内で簡単にサイトマップを作成可能。

詳細は以下から。

PressBuilderでサイトマップを作る

ページビルダーでグリッドレイアウトを作成する方法はこちらをご覧ください。

固定ページを作成

まずは通常通り固定ページを新規追加し投稿タイトルを設定します。固定ページのテンプレートはデフォルトのままで構いません。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-01

ページビルダーでレイアウトを作成

ページビルダーでレイアウトを作ります。それぞれのメニューは幅が狭いため、縦に並べるよりもいくつかを横並び(例えば3列で表示)にしてみます。
まずは投稿内容の上部にあるタブから「Page Builder」を選択し、レイアウト作成パネルを表示します。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-02

上部のボタンから「Add Row」をクリックしレイアウトを作成します。3列にしたいので、rowの値を3にセットします。「Insert」ボタンを押してレイアウトを設置してください。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-03

レイアウトにウィジェットを配置

レイアウトが作成できたら、ウィジェットを配置していきます。「Add Widget」ボタンを押してウィジェット選択ページに移動します。

配置するウィジェットは自由に選択できますが、サイトマップを作成するため、カテゴリー、アーカイブ、固定ページをそれぞれ選択して配置します。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-05

上記以外にメニューを表示する場合は、あらかじめWordpressの管理画面メニューの外観->メニューからメニューを作成しておきます。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-07

サイトマップの固定ページに戻り、ウィジェットの配置で[tt]Menuを選択します。
ウィジェットを配置した後にウィジェットをマウスオーバーすると表示される「Edit」をクリックし、設定画面を開きます。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-08

Menuウィジェットの設定画面でメニューの選択ができるので、作成したメニュー名を選択し、「Done」ボタンを押して設定を確定します。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-09

ウィジェットの配置が完了したら、下書き保存か公開(更新)ボタンを押して固定ページを保存してください。今回のサンプルではこちらのようなサイトマップページが完成しました。
PressBuilder サイトマップページを作成する方法-10

ここでは、各ウィジェットをそれぞれ1つずつ追加しましたが、複数設置することも可能です。Menuウィジェットでは作成したメニュー数の分だけウィジェットを設置することも可能です。

PressBuilder好評発売中!

コーディング不要でサクッとWebサイト制作が可能なPressBuilderはTetraThemesで好評発売中。

商用利用可能・複数サイト利用可能。1度の購入で開発環境も含めて複数サイトの利用ができるため、ものすごくお得!もちろん、更新費用や月額利用料などはありませんので安心して使用することができます。

購入はこちら