SiteOrigin CSSであっという間にWebデザイン エディター編

Pocket

WordPressに高品質なCSSエディターを追加できる無料プラグイン、SiteOrigin CSSの使い方。エディターモード編です。

SiteOrigin CSSはビューモードでスタイリングすることが多いのですが、エディターモードでは便利なオートコンプリート機能が実装されています。

詳細は以下から。

SiteOrigi CSSのエディターモードの使い方

エディターモードでスタイルを作る

SiteOriginCSSにはエディターモードが用意されています。こちらは通常のテキストエディターの感覚でCSSスタイルを作成することが可能です。
SiteOriginCSS エディターモードでスタイルを作る-01

SiteOriginCSSのエディターもーどで特徴的なのが、オートコンプリート機能。これは現在使用しているテーマを解析し、テーマ内で使われているセレクタの候補を表示してくれる機能です。
SiteOriginCSS エディターモードでスタイルを作る-02

ビューモードで設定したスタイルを編集する

前回紹介したビューモードでスタイルを作成した場合は、作成したスタイルがCSSコードとしてエディターに表示されます。
SiteOriginCSS ビューモードで設定したスタイルを編集する-03

ビューモードで作成したスタイルはエディターモードで編集可能なので、細かい部分の修正などはこちらで行うといいかもです。

この後は?

すぐにでもCSSエディターを使ってみたいところですが、まずはPageBuilderを使って簡単なページレイアウトを作成し、作成したページに対してCSSエディターでスタイルを編集していきます。

次の記事はこちら