Web制作の現場で使われている無料のコードエディターまとめ

Pocket

Web制作に欠かせないツールの一つがコードエディター。今回はWeb制作者向けにおすすめの無料コードエディターをまとめてみました。

一昔前のエディターはメモ帳に毛が生えた程度のもの。僕も学校でHTML編集の授業がありましが、まぁひどいものでした。最近では単にコードが書けたりカラーリングされるだけでなく、プラグインでテーマカラーやスニペットの追加、自動補完機能などすばらしく使い勝手のよいものとなっています。

このページではさまざまなコードエディターの中から、Web制作者向けのツールを選んでみたので、まだ使っていないものがあれば是非検討してみて下さい。

Web制作者向け、無料のコードエディターまとめ

Brackets
まずはこちら。以前、初心者にもおすすめ!無料のコードエディターBracketsの使い方で初心者向けのコードエディターとして紹介していましたが、PSDとの親和性や数多くのプラグインの追加などでさらに使いやすくなっています。Mac、Windowsどちらでも使えるのがGoodですね。
Web制作者のための無料コードエディター-01

Atom
こちらもMac、Windows両方で使えるツール。Brackets同様オープンソースで軽量、プラグインでスニペットの追加や自動補完機能の追加などができます。
Web制作者のための無料コードエディター-02

Sublime Text
こちらは非常に有名な無料のコードエディター。すでに使っている人も多いのではないでしょうか。上記のツールと同様プラグインで機能を追加できます。ショートカットキーdを細かく設定できるのでこれじゃないとだめ!という方も多いはず。
Web制作者のための無料コードエディター-03

TextMate
こちらはMac向けのエディター。結構前からあるツールで、プラグインの追加などはありませんが、マクロやスニペットなど便利な機能が揃っています。軽量でシンプルなGUIが印象的。
Web制作者のための無料コードエディター-04

Notepad++
Windows用コードエディター。こちらも以前からあるツールで愛用者も多いようです。コードハイライトやマクロの設定設定、自動補完など基本的な機能は揃っています。
Web制作者のための無料コードエディター-05

Komodo Edit
こちらはKomodoIDEのフリー版。IDEなのでプログラミング向けの機能が豊富。これ1つで何でもできるすごいツール。フリー版ではいくつかの機能が使えなくなっていますが、エディターとしては使えます。製品版は$99から。
Web制作者のための無料コードエディター-06

CotEditor
こちらはMac専用の非常に軽量でコンパクトなエディター。とはいえシンタックスハイライト対応やビューの分割などWeb制作なら問題なく使えるレベルです。僕も初期のころはこれを使ってましたが非常に動作が軽いのが良かったですね。
Web制作者のための無料コードエディター-07