僕を独学だけでWebデザイナーにしてくれたおすすめ本15選

Pocket

Webデザイナーのおすすめ本photo credit: susivinh via photopin cc

Webデザイナーといってもいろんな人がいると思います。制作会社で経験を積んだ人、美術大学を出てグラフィックデザイナー兼Webもやってますという人。そして僕のように独学でこの業界に入った人。

僕は主に本を読んで勉強しました。もちろん最初からうまくいくことはなく、苦労しながらデザインやコーディングのスキルを身につけたのですが、1つ言えることがあります。

それは「独学でもWebデザイナーになれる!」ということです。

一昔前なら独学で学べるほど本の種類も充実しておらず、独学で勉強するのは難しかったでしょう。しかし最近は海外の翻訳本も含めて非常に役に立つ本が数多く出版されています。

この記事では独学でWebデザイナーを目指している方にとくにオススメできる本を厳選して紹介します。

独学でWebデザイナーになるための本

デザインのおすすめ本

デザインの教室
デザインとは「設計」という意味です。その設計部分を実践しながら学べるのがこちらの本。課題をこなしていくタイプの構成になっており、デザインを理解する上ですごく役に立ちました。



ノンデザイナーズ・デザインブック
こちらもデザインという設計技術について学べる本。タイトルにもあるように、デザイナーではない人向けに非常に分かりやすく説明されています。ページをめくるたびに「あ〜なるほど」と言わせてくれるすごい本。


ウェブ配色 決める! チカラ
こちらは配色について。上の2冊は設計がメインでしたが、この本ではWebの配色について学ぶことができます。配色をどうやって決めるのか、どうやって組み合わせれば綺麗に見えるのかが分かるようになります。

UI/UXのおすすめ本

ここまではグラフィックデザインの領域でしたが、こちらはWebのレイアウトや構造について。Webには必ず目的があり、それを達成するための手段としてUI/UXはすごく重要。

IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術
Webのレイアウトやサイトマップの作り方を知るのに役立つ本。これも課題をこなすタイプで手を動かしながら理解することができます。ワイヤーフレームの設計からデザインに落とし込んでいく流れはすごくためになりました。



インタフェースデザインの心理学
心理学の観点からWebを改善していく知識が身に付きます。ボタンを押してもらうには?続きを読んでもらうには?を解決するためのヒントがたくさんあります。


ほんとに使える「ユーザビリティ」
Webのユーザビリティと言えばヤコブ・ニールセンが有名ですが、ちょっと古いのでこちらをオススメします。分かりやすい、使いやすいWebとは?という疑問が解決する良書。

コーディングのおすすめ本

よくわかるHTML5+CSS3の教科書
よくわかる〇〇の教科書シリーズはほんとにおすすめ。特に初めての人にはすごく分かりやすいくできてると思います。こちらはHTMLとCSSが学べる本。ちょっと高めですが、それだけの価値はあります。



Pocket詳解 HTML5&CSS3辞典
リファレンス本は書き方が少し分かった人向けの役立つコード集みたいなもの。入門書を一通りやったらリファレンス本を横においてガリガリコーディングしていくような感じです。HTMLとCSSやるならこれがおすすめ。


jQuery本格入門
プログラミングはPHPから入ったのですが、javascriptを学ぶならこれがおすすめ。有名なサイ本などのオライリー系は難解すぎるので初心者は手を出さないほうが良いでしょう。


WordPress レッスンブック 3.x対応
Wordpressをやるならこちら。インストールから分かりやすく解説してあって、少しずつコードを追加しながら実際にサイトを作っていくことができます。

よくわかるPHPの教科書
HTMLはできてもPHPのようなプログラミングがちょっと・・・という人にもオススメできる非常にわかりやすいPHP本。僕もここからプログラミングをはじめました。


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック
古いサイトによくあるのが、改行やスペースが一貫しておらず非常に読みにくいこと。単に書くだけでなく、仕事で使うなら読みやすいことが重要です。プログラミング寄りだけど、良いコードを書くために是非読んでほしい本です。

見積もり、請求など契約関係のおすすめ本

Webディレクション標準スキル152 企画・提案からプロジェクト管理、運用まで
タイトルの通り、企画から納品までの全体的な流れやその中で必要なツール・注意点などを知ることができます。ECサイトの企画、制作スケジューリング、作った後の運用などなどこれ1冊で全体の流れをほぼカバーしるすごい本。



Webデザイン受発注のセオリー デザインコントロールが身につく本
Webデザインの受注、発注時に起こりがちな問題とその解決方法などを事例を見ながら学ぶことができます。正しいコミュニケーションをとることで、より完成度の高いデザインを作りたいですよね。


Web業界 受注契約の教科書
あまり語られることのない、契約についての知識を学べる本。実際仕事をしてると、入金が遅れたり仕様にない要求をされたりなどということがあります。これらの問題を知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

さいごに

いかがでしたか?僕が今まで読んだ本はもっとたくさんありますが、その中から厳選して初心者にもオススメできる本を紹介しました。

最初にも言ったように独学でもWebデザインはできるようになります。ただし自己流になりがちなので、コーディングのルールや納品データの取扱いなど事務的なことも非常に重要になってきます。

ただ単に技術力を上げるだけでなく、きっちり「仕事」ができるデザイナーを目指しましょう!