これからウェブデザイナーを目指す人が読むと3倍早く成長できる本まとめ

Pocket

これからウェブデザイナーを目指す人に絶対読んでおいてほしい本をまとめてみました。これさえ読んでおけば成長速度も3倍アップ間違いなし!Webデザイナーとしての技術だけでなく、仕事効率化やクライアントさんとのコミュ力アップができる良書だけを厳選してお届けします!

これからウェブデザイナーを目指す人へのオススメ本

Webデザインの本

Webデザインの新しい教科書
人気本の改訂版。Webサイトが表示される仕組みから、Web制作のワークフローまでしっかり教えてくれる、まさに教科書というタイトルにふさわしい書籍です。最新の言語(HTML5)に対応しているのもポイント。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本
イラストに抵抗がなければおすすめできるのがこちら。とにかくホームページを作るのも初めてで、とりあえず何か作ってみたい!という方にぴったりです。こういうタイプの本ってすごく薄くて中身がないものが多いんですが、以外とボリュームもあってじっくり進めることができます。

Webデザインの見本帳 実例で学ぶ最新のスタイルとセオリー
こちらもタイトル通り、デザインの見本帳としておすすめできる本。ここまでの2つはWeb制作全体についての本でしたが、こちらはより具体的なデザインのアイデアを見せてくれます。クライアントさんにデザインを複数提示することが多いのでこういうアイデア本はいくつか持っておくと便利ですよ。

ノンデザイナーズ・デザインブック
デザイナーではない人のためのデザイン入門ベストセラー本。僕もこの本でデザインについての基本的な知識を身につけました。すでに芸大などで専門知識を身につけている人には不要かもしれませんが、そうでないなら絶対買っておいて損はないおすすめの本です。

ウェブ配色 決める! チカラ
Web制作において重要なポイントの1つに配色があります。単に色のパターンを決めるだけでなく、色数やページ全体の色のバランスなど、少し変えるだけで印象が大きく変わることも。先ほどのノンデザイナーズ・デザインブックでも触れられていますが、よりWebサイトに特化した配色の知識を身につけるならこの本がおすすめ。

デザイニングWebアクセシビリティ
Webデザイン初心者にありがち名のが、「とりあえずかっこいいサイト作ればいいんでしょ?」という勘違い。確かに見た目のキレイさも必要ではありますが、それ以上に重要なのが、このアクセシビリティ。つまり情報をきちんと伝える、ということです。すごく地味だけど、知っているのといないのとでデザイナーとしての技術力に差がつくポイントなので、是非読んでみてください。

Webデザイン必携。 プロにまなぶ現場の制作ルール84
いくら本を読んでも知ることができないのが、現場で実際にどのような作業が行われているのか、です。普段聞くことができない現場の制作ルールについて知っておくと、仕事に就いた時、フリーランスで実際に仕事をする際にすごく参考になります。

Webコーディングのための本

HTML5&CSS3デザインブック
ビジネスサイト、ブログサイトなどをステップバイステップで実際に書きながら学ぶことができます。スマートフォンに対応したレスポンシブデザインについてもカバーしてるのでこれ1冊でコーディングはバッチリ!

Bootstrapファーストガイド
HTMLとCSSの基本的な操作方法がわかったら、Bootstrapについて学んでおきましょう。Bootstrap3は数あるCSSフレームワークの1つ。CSSフレームワークを使うことで、CSSをベタで書く必要がなくなり、作業効率が飛躍的に向上します。Bootstrapはネット上でも情報量が多いので、Google検索を活用しながら自力で勉強みるのもあり。

JavaScript本格入門
Webサイト作るなら避けて通れないのがJavascript。昔発売されてたベストセラー本の改訂版。もう少し初心者向けの書籍もあるのですが、しっかり身につけるという意味ではこちらがおすすめ。中身は最新情報に更新されているので、まさに「これ1本」でJavascriptがわかるようになっています。

WordPressレッスンブック
Webデザイナーなら絶対に知っておきたいのがWordpressのようなCMSの知識。こちらはWordpressの管理画面の使い方ではなく、テーマのカスタマイズ本です。実際にWordpressテーマを作りながらWordpressのカスタマイズ方法を学ぶことができます。

よくわかるPHPの教科書
Wordpressを使っていて、PHPの知識が欲しいと思ったらこの本がおすすめ。PHPはHTMLとは異なり本格的なプログラミング言語。少し敷居が高く感じるかもしれませんが、基本的な知識だけでも身につけておくと、Wordpressのカスタマイズもかなりやりやすくなります。

効率よく仕事をするための本

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術
一昔前ブームになったタスク管理術の王道本。どんなにデザイナーとしての知識や技術力があっても、仕事が遅ければ意味がありません。この本ではナレッジワーカー向けの効率よく仕事をこなす方法を教えてくれます。

Webデザイン受発注のセオリー
実際仕事を進める上で重要なのが、クライアントさんとのコミュニケーション。クライアントさんの抽象的な要求に応えなければならないことも多く、誤解したまま作業を進めてとんでもない結果になってしまうことも。そういったWeb制作に必要なコミュニケーションについて教えてくれる数少ない良書です。ランサーズやクラウドワークスなんかで仕事をするときにすごく役に立ちますよ!

さいごに

僕も最初のころはネットでオススメされていた本を片っぱしから買いあさり、とにかくたくさん読みました(300冊以上)。もちろんその全てが良い本とは言えなかったですが、良い本も悪い本も合わせてたくさん読んできたことが、自分にとって良い経験になっていると感じます。

また、技術を学ぶだけでなく、効率よく作業を行う考え方や、クライアントさんとのコミュニケーションも非常に重要。会社に就職するかフリーランスでやるかに限らず、幅広く知識を身につけておくことが重要です。

さいごまでご覧いただきありがとうございました 🙂