EC-CUBEをサーバーにインストールする方法

Pocket

eccubeをサーバーにインストールする方法

EC-CUBEは無料でダウンロードできて、だれでも簡単にネットショップを開業できるソフトウェアです。Wordpressと同じような感覚で始めることができるので比較的簡単。テンプレートのカスタマイズや無料プラグインを導入して様々な機能を追加することができます。

ただ、Wordpressもそうなんですが、使う前にサーバーを用意したり、ドメインを用意する必要があります。サーバーやドメインについては他のサイトでもたくさん書かれているのでここではパス。すでにサーバとドメインが設定されているという前提で書いていきます。

この記事ではさくらサーバーを使ってEC-CUBEをインストールする方法を紹介します。ローカルサーバーへのインストール方法は以下の関連記事を見て下さい。

関連記事:EC-CUBEをローカル環境へインストールする方法

EC-CUBEをサーバにインストールする方法

EC-CUBEのダウンロードとサーバーへのアップロード

まずはこちらの公式サイトからEC-CUBEをダウンロードしましょう。
eccube-install1

ダウンロードしたファイルを解凍し、中身にあるdataフォルダとhtmlフォルダのみをFTPソフトなどでサーバーへアップロードします。これ以外のフォルダやファイルは不要です。
EC-CUBEをサーバーへアップロードする方法
ちなみにここではTransmitを使ってますが、無料のソフトでも、さくらサーバーのファイルマネージャーでもアップロードできます。

EC-CUBEのインストール方法

インストールの準備ができたので、EC-CUBEにアクセスします。今回のURLはこんな感じになります。

http://sample.com/html

実際はsample.comを取得した独自ドメイン名に変更して下さい。

デフォルトではURLにhtmlが入ってしまうのですが、これ外したいですよね。こちらのページでサイトのアドレスをドメイン名だけに変更する方法を紹介しています。

アクセスすると以下のような画面になるので次へをクリック。
eccubeをサーバーにインストールする方法3
何度か画面が変わるので次へをクリックして進めます。

次にEC-CUBEの設定画面になります。基本的には※印のところを埋めていけばOK。ディレクトリのところは管理画面にアクセスする際に必要になります。

  • 店名:お店の名前
  • メールアドレス:使用したいメールアドレス
  • ログインID:ID名、自由に決められます
  • パスワード:ログインパスワード、自由に決められます
  • ディレクトリ:管理画面に入る際のURL、adminなど
  • SSL:SSLにするか選択
  • IP制限:特定のIPに制限する場合、そのIPを入力

eccubeをサーバーにインストールする方法4
設定が完了すると、データベースの設定画面になるので次はデータベースを設定していきます。
eccubeをサーバーにインストールする方法5

EC-CUBEのデータベースを作成する方法

データベースを作成するには、さくらインターネットの管理画面でデータベースの設定を行います。

管理画面左メニューのデータベースの設定リンクから、データベースの新規作成ページを表示し、空欄を埋めていきます。このときデータベースの文字コードは必ずUTF-8にしておきます。
eccubeをサーバーにインストールする方法6

データベースが作成できたら、EC-CUBEのインストール画面に戻ってデータベースの設定を入力していきます。

入力項目はデータベースサーバー、データベースユーザ名、データベース名、パスワード。必要な情報はさくらサーバーの管理画面に表示されているのでコピペすればOK。DB種類はMySQLを選択します。
eccubeをサーバーにインストールする方法8
eccubeをサーバーにインストールする方法7
上手くいくと次の画面が表示され、次へを押すと自動的にデータベースの設定をしてくれます。数分かかる場合があるのでじっくり待ちましょう。終了すると以下のような画面になります。
eccubeをサーバーにインストールする方法9
そのまま次へ。デバッグ情報の提供を聞かれるので「はい」か「いいえ」を選んで次へ。
eccubeをサーバーにインストールする方法10
これで完了です。管理画面にログインすると、index.phpを削除してくれと警告がでてくるので削除しておきます。場所は、EC-CUBEのフォルダ -> html -> install -> index.php です。

もし管理画面が文字化けする場合はデータベースの照合順序が適切でない可能性があります。照合順序はutf8_general_ciを選択しておきます。
eccube-install14

EC-CUBEテンプレート

また、こちらのページではEC-CUBEのテンプレートを公開しています。レスポンシブでBootstrap対応で便利なブロックがたくさんついて・・・続きはリンク先で:)