フラットでレスポンシブな最新ランディングページテンプレート15選

Pocket

新しいWebサービスの公開やアプリケーションの紹介ページになくてはならないのがLP(ランディングページ)。通常はデザイナーさんに頼んで作ってもらうことになると思うのですが、それだとちょっと値段が・・・という方にぴったりなのが、ランディングページのテンプレートを利用することです。

テンプレートなので最初からすでにコーディングやデザインが施されており、SEO対策までされているので1から作る必要がありません(その代わり僕の仕事がなくなりますが・・・)。しかもお値段たったの10ドル!!!

この記事では非常にクオリティの高い最新のランディングページテンプレートを紹介します。フラットでレスポンシブレイアウトが施されているので先進的なサービスやアプリにぴったりです。

フラット&レスポンシブLPテンプレート

Kane – Responsive Bootstrap 3 App Landing Page
フラットでレスポンシブなLP1
Cian – Landing Page Template + Coming Soon
フラットでレスポンシブなLP2
Swapp – Responsive Retina HTML5 App Landing Page
フラットでレスポンシブなLP3
Mobiling – One Page App Landing Page
フラットでレスポンシブなLP4
Event – Landing Page
フラットでレスポンシブなLP5
Rocket App – Responsive App Landing Page
フラットでレスポンシブなLP6
WhiteStar – Responsive HTML5 Landing Page
フラットでレスポンシブなLP7
Chomolungma | Responsive Landing Page
フラットでレスポンシブなLP8
NEW Retina Ready App Landing Page
フラットでレスポンシブなLP9
Teacher- Education One Page Responsive Theme
フラットでレスポンシブなLP10
Flatland
フラットでレスポンシブなLP11
Flexi
フラットでレスポンシブなLP12
Rocket – Landing Page Template
フラットでレスポンシブなLP13
Gotte Multipurpose Landing Page
フラットでレスポンシブなLP14
Slander – Responsive Bootstrap HTML5 Landing Page
フラットでレスポンシブなLP15

スマホアプリ向けランディングページはこちら

こちらのページではスマホアプリの開発者向けランディングページを紹介しています。
スマホアプリのランディングページテンプレートまとめ

LPの活用方法

ランディングページはただ公開するだけでは意味がありません。しっかりデータを分析して、細かい修正や追加を行っていくことでさらにコンバージョンを増やすことができます。

こちらの書籍ではコンバージョンを高めるための技術が分かりやすく紹介されているので、成約率アップの方法を知りたい方は是非チェックしてみて下さい。