WordPress 一番簡単なカスタムタクソノミーの作成と表示方法

Pocket

WordPressでブログを書いているだけならそれほど使うことがないカスタムタクソノミー(カスタム分類)ですが、コーポレートサイトなどではカスタム投稿と合わせて使うことがよくあります。

例えば、通常のブログの他に自社の商品情報を書きたいという場合。ブログで使っているカテゴリーに商品カテゴリを入れるのではなく、ブログと商品を分けたいということがあります。そんなときに使えるのがカスタムタクソノミーです。

Wordpressのカスタムタクソノミーを使えば複数のカテゴリーやタグを作ることができるので、商品の系統ごとに分類したいなどの場合に便利です。

ここでは簡単にWordpressのカスタムタクソノミーを設定しデータを投稿する方法を紹介します。

合わせてこちらもおすすめです。
WordPress カスタム投稿の作成と表示方法
WordPress カスタムフィールドの作成と表示方法

WordPressのカスタムフタクソノミー設定方法

WordPressプラグインTypesのインストール

まずはカスタムタクソノミーを簡単に登録できるWordpressのプラグインをインストールします。無料で使えてこれまでのプラグインより使いやすいのでおすすめです。

インストール方法は通常のプラグインと同じ。プラグインの新規インストールからTypesで検索してインストール後有効化します。詳しくはこちら
Wordpress Typesのインストール方2

WordPressのカスタムタクソノミーを設定する方法

先ほどインストールしたプラグインを使って設定していきます。Wordpressの管理画面メニューからTypesのCustomTypes及びCustomTaxonomyを選択し、次の画面でCustomTaxonomy追加をクリック。
Wordpressのカスタムタクソノミーを設定する方法1
カスタムタクソノミーの設定画面が出てくるので、各項目を埋めていきます。まずはタクソノミー名。ここは分類の分かりやすい名前を付けます。下の段にはその英字を入れます。スラグとtaxonomy_nameは同じにしておいたほうがわかりやすいでしょう。

可視性のところはデフォルトのままで。ポストタイプの選択は、このタクソノミーを使用する投稿タイプを選択します。ここではカスタム投稿のつくり方で作成したニュースを選択しました。
Wordpressのカスタムタクソノミーを設定する方法2
カスタム投稿の作成時と同様、表示されるラベルを変更することができます。ここではデフォルトのままで進めます。
Wordpressのカスタムタクソノミーを設定する方法3
その下の詳細でチェックするポイントは、一番上にあるラジオボタンのところ。ここでは作成するカスタムタクソノミーをカテゴリーのように表示するか、タグのように表示するかを選択できます。

ここではカテゴリーっぽくしたいので、階層を選択します。タグの場合はフラットにします。
Wordpressのカスタムタクソノミーを設定する方法4
ここまで設定できたら、保存ボタンを押して保存します。保存が完了すると、追加したタクソノミーが指定した投稿タイプのメニューに表示されます。
Wordpressのカスタムタクソノミーを設定する方法5

WordPressカスタムタクソノミーを表示する方法

タクソノミー用のテンプレートを作成

WordPressでタクソノミーページを表示するにはテンプレートを用意する必要があります。タクソノミー一覧ページはタクソノミーごとにテンプレートを用意することができます。さらにタクソノミーのタームごとに分類することも可能です。

個別記事ページはタクソノミー用のテンプレートを作れないため、カスタム投稿用のものを使用します。作成したタクソノミーを特定の投稿タイプでのみ使用することで、タクソノミーごとのレイアウトやデザインにすることが可能です。

//一覧用
taxonomy-{taxonomy}-{term}.php
taxonomy-{taxonomy}.php

taxonomy-news_category.php


//個別記事用
single-news.php

テンプレートのコードはとくに注意することはありません。ここではカスタム投稿の作り方で作成したものと全く同じものを使用します。

taxonomy-news_category.php

<?php get_header(); ?>
<section id="primary" class="site-content">
    <div id="content" role="main">

    <?php if(have_posts()) : while(have_posts()) : the_post(); ?>

        <h1><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title();?></a></h1>

    <?php endwhile; endif; ?>

    </div><!-- #content -->
</section><!-- #primary -->

<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

single-news.php

<?php get_header(); ?>
<section id="primary" class="site-content">
    <div id="content" role="main">

    <?php if(have_posts()) : while(have_posts()) : the_post(); ?>

        <h1><?php the_title();?></h1>

        <div class="post">

            <?php the_content(); ?>

        </div>

    <?php endwhile; endif; ?>

    </div><!-- #content -->
</section><!-- #primary -->

<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

カスタムタクソノミーをテンプレートで表示する方法

ここまででタクソノミーを表示する準備ができました。次は実際に記事を投稿して、表示確認してみます。

新しく作ったカスタムタクソノミーにはまだターム(カテゴリーの中身)がありません。なのでまずはカスタムタクソノミーにタームを追加します。

追加方法は通常のカテゴリーやタグと同じです。
Wordpressのカスタムタクソノミーを表示する方法1
登録できたらさっそく記事を投稿してみます。記事の投稿画面に先ほど追加したタクソノミーとタームが表示されているので、忘れずチェックしておきます。
Wordpressのカスタムタクソノミーを表示する方法2
投稿できたら表示してみます。タクソノミーページを表示するには、タクソノミー設定画面でタームにマウスポインタを置き、表示を選択するか、直接URLを入れます。
Wordpressのカスタムタクソノミーを表示する方法3
これでWordpressのカスタムタクソノミーの設定とデータ表示方法は完了です。

まとめ

今回はWordpressの無料プラグインであるTypesを使って簡単にカスタムタクソノミーを作成してみました。Typesでは他にもカスタム投稿やカスタムフィールドを簡単に作成することができます。

それぞれ以下にまとめたので合わせてご覧ください。
WordPress カスタム投稿の作成と表示方法
WordPress カスタムフィールドの作成と表示方法

最後までご覧いただきありがとうございました:)