WordPressをローカル環境にインストールする方法

Pocket

wordpressをローカル環境に構築
Web制作やブログを作るときにWordpressを使うことはよくあります。その際にローカルサーバーで画面の確認等を行ってから本番用サーバーにアップロードすることになります。

サーバーを作ると言っても、自前でサーバー用のPCを作って・・・なんていうマニアックなことをしなくてもアプリをインストールすることで簡単にローカル環境を構築することが出来るのです。

ここでは最新版のWordpressをローカルにインストールし、テスト環境を構築する方法を紹介します。MacのMAMPというアプリを使うことで誰でも簡単に作れるのでまだ作っていない方はこの機会に構築してきましょう。

MAMPのダウンロードとインストール

ではまずMAMPをダウンロードします。公式サイトのこちらからダウンロードできます。
macでmampを使ってローカル環境を構築する2
ダウンロードできたらzipファイルを解凍し、アプリをインストールします。アプリを起動するとスタートページが表示されるので確認しておきましょう。
wordpressをローカルサーバーにインストールする方法1
MAMP側ではとくに設定することはありません。このまま続けてWordpressのインストールを行います。

WordPressをローカル環境にインストール

まずはじめにWordpressをダウンロードします。公式サイトのこちらからダウンロードしましょう。
wordpressをローカルサーバーにインストールする方法2
ダウンロードしたzipファイルを解凍して出てきたwordpressフォルダをコピーして、アプリケーション->MAMP->htdocsフォルダに入れます。

次にブラウザから以下のアドレスにアクセスします。すると画像のようなページが表示されるので次の画面へ。

http://localhost:8888/wordpress/

wordpressをローカルサーバーにインストールする方法3
データベースの設定画面が出てくるので以下のように設定します。パスワードとユーザーはroot、データベース名と接頭辞は自由に設定可能。
wordpressをローカルサーバーにインストールする方法4
データベースを作成していないと以下のようなエラーがでるためデータベースの作成を行います。
wordpress4

MacでMAMPを使ってローカル環境を構築する方法 – 参照

ここではテーブルやフィールドの作成は不要なので、とりあえずデータベースの作成だけを行います。うまくいくとインストール実行ボタンが表示されるのでインストールを実行。
wordpressをローカルサーバーにインストールする方法5
次のページで必要事項を入力してインストール完了です。
wordpressをローカルサーバーにインストールする方法6
インストールが完了したら、さっそくログインしてみましょう。設定画面で入力したユーザーネームとパスワードでログインして、管理画面の左上にあるサイト名のリンクからサイトを表示でサイトの確認ができます。

このあとはプラグインのインストールやテーマの変更を行います。以下に関連記事をいくつか紹介しますので参考にしてみて下さい。

さいごに

Web制作でテスト環境は必ず使うことになるので、まだ構築していない方はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか。ここで紹介したように簡単に作ることが出来るので是非お試し下さい。

さいごまでご覧いただきありがとうございました。